作業員

地盤改良で安全な土地を実現しましょう~ガシガシ土いじり~

安全な住宅

地熱

液状化対策が重要になっている

東日本大震災の際には東北地方は津波の被害が甚大でしたが、関東では地盤の栄浄化による被害が多く見られました。湾岸地域では高層のホテルやマンションの周辺は地中深いところまで地盤改良を行っていたので被害は少なかったのですが、一戸建ての住宅地では地盤改良が行われていなかったため地盤が沈没したり液状化して浮き上がったりと大きな被害が発生しました。今後は戸建て住宅を建築する場合にも地盤の調査を行う必要があります。また、新たに宅地を造成する場合にも全面的に地盤改良を求められるようになっています。地盤改良工事を行いますとその分コストアップに繋がるためこうした地域の住宅価格は従来に比べて相当高くなってしまうことが予想されます。

湾岸地域の開発が進んでいる

日本は土地が狭いということもあって海岸を埋め立てて土地利用をすることが少なくありません。空港についても海岸を埋め立てて造成を施したうえで空港を作っています。最近でも湾岸地域の開発が進んでいます。湾岸地域は現在でこそ陸地になっていますが多くの場所は海を埋めたてて作られています。現在湾岸地域には高層マンションの建設が目白押しになっています。デベロッパー各社の湾岸地域でのプロジェクトの推進をする際には大掛かりな地盤改良を行ったうえで地中深くまで杭を打って地震が来ても大丈夫なように計画されています。特に地震の揺れを吸収する壁免震構造を採用するケースが圧倒的に増えています。金額的には高くなっていますが、安心安全ということで売れ行きは悪くありません。

Copyright© 2016 地盤改良で安全な土地を実現しましょう~ガシガシ土いじり~ All Rights Reserved.