作業員

地盤改良で安全な土地を実現しましょう~ガシガシ土いじり~

地盤調査を行う

井戸

地盤調査とボーリング調査について

地盤調査を行う方法は物理的に地盤を掘削していく方法のほかにも超音波探傷による地盤の性質を調べる方法地盤調査があります。しかし、一般的に行われる方法は地盤を掘削して土質の性質を調べるボーリング調査と呼ばれる方法です。このボーリング調査とは、専用のボーリング機械によって地面を回転しながら掘削していきます。そして、採取した土質資料を土質調査機関へ送り地盤の性質を調べます。土質資料とは、ボーリングによって掘削した地盤の土を層厚や土質の種類ごとに採取したものです。また、ボーリング調査は一般的に水を使わずに行います。なぜなら、地盤調査によって水位も調べるため、地面を掘りやすくするために水を使っては、実際の水位が分からなくなるからです。

標準貫入試験とは何か

さて、ボーリング調査では標準貫入試験という方法を行います。この標準貫入試験とはJIS規格に基づいた方法です。なぜ、規格に基づいて行う必要があるのかというと、地盤の強度であるN値は錘を落下させて、貫入した量や回数によって定まります。貫入回数が多いほどN値は高く、貫入回数が低いほどN値は低くなります。つまり、作業員の感覚で錘を落下させるとN値にばらつきが出てきます。JIS規格で行うことで毎回、精度よくN値を求めることができます。また、標準貫入試験では、錘の重量や錘の位置が規定されています。さらに、錘は自由落下とされています。しかし、JIS規格によって作業方法を規定していても作業員の方法によってN値にばらつきが出る場合があります。地盤調査は一か所ではなく、数か所行う必要があります。

Copyright© 2016 地盤改良で安全な土地を実現しましょう~ガシガシ土いじり~ All Rights Reserved.